夢は憧れではなく、自分の予定である

今日は中学校の仲がよかった友達とさしで飲んできた。
ソイツは高校卒業してから、アメリカの大学に行っていて、
今ちょうど卒業して日本に帰ってきた感じだ。

会うのは一年近くぶりで、中学の頃の話などでとても盛り上がった。
今は株をやるためにアルバイトをしてお金を貯めているらしい。



昔から話のスケールがでかいやつで、
本当に自分の夢を実現しそうなオーラを持っていた。
本人も今自分の思い通りに物事が進んでいると言っていた。

ソイツにとっては夢はなれたらいいなぁ的なものではなく、
自分のこれからの予定なんだそうだ。
そういうことを聞いて本当に
俺はすごいなーと思った。

昔にこんなことがあった。俺が中学の頃にソイツとカラオケに行ったときとか、
俺の歌が結構うまいと思ったらしく、よくほめてくれた。それでソイツが


「プロになればいいじゃん、歌うまいんだから」とか俺に言って、
俺は「無理だよ~そんなに簡単になれるもんじゃないし」と言ったりしていた。


会話としてはただの冗談めいた会話のようだが、
彼はその言葉を本気で言っていたんだと今では思う。
何をやるにしても、なりたいんならなっちゃえばって感じなんだよね。

例えば俺が大統領になりたいって言ったら、普通の人は何言ってんだよ~
バカかコイツと思うか冗談かと思うかもしれないが、
彼にとってはへ~じゃあなれば?と心から思うっていうことかな。
ニュアンス的にはそんな感じ。

もっとすごいと思ったのは、
その自分の夢をかなえた後のことも考えてるってことだ。
俺も就職活動で、自分の夢を語ったりしたけど、
その後のことまでは考えたりしなかった。
ちなみに今の俺の夢は起業して自分の会社を作ることです。

彼が言うには、自分で起業して大金持ちになって、
その後そのお金をどうしようって考えてたんだって。
で、最近、子供に資産を残すのもいいけど、
何か人の役に立つボランティアのようなことをしようって言ってた。

一歩間違えばただの夢見がちなバカなやつかもしれないが、
彼にはそれを実現させる何かがあるんじゃないかと俺は思う。
それを裏付ける、経済学の知識と彼のオーラに俺は何かを感じ取っていた。
コイツは何かやるんじゃないのかと。

今日いろいろ話をして、本当によかったと思う。俺も絶対負けらんないわ。
[PR]
by motoriclue21 | 2005-10-26 03:39 | ヘッポコ日記
<< ELLEGARDEN - DO... 登録しとくべきサイト >>