火垂るの墓

a0044651_0404262.jpg
今日、火垂るの墓、実写版がやってた。

久しぶりに涙が出た。なんというか戦争はもう二度と繰り返してはいけないものなんだと心から思った。

自分は本当に恵まれた時代に生まれたのだと思う。

恵まれた時代に生まれ、恵まれた時代に生きている。

そのことがどれだけ幸せなことかを痛感させられるドラマだった。

こういうドラマを見ると日々自分が悩んでいることがバカみたいに思えてくる。
こうやって小さなことで悩めること自体が幸せなことなのかもしれないな。

そういえば友達がこんなことを言っていた。

「サークルの友達が病気で死んじゃってさ、
それからはその友達の分まで生きてやるって気持ちで
一生懸命生きてるんだよね」

今なら本当にそう言ってた友達の気持ちがわかる気がする。

戦争で死んでいった人達の分も一生懸命に生きてやる。

そう思わせる作品だった。
[PR]
by motoriclue21 | 2005-11-02 01:06 | ヘッポコ日記
<< 免許取得後初運転 あー最近 >>