2006年 03月 02日 ( 1 )

日本とイタリア、ギリシャの違うところ。PART2

いや~ちょっと最近、資格の模試が近くて更新できませんでした。
模試とは言え、資格試験が近いのも事実なんで
ちゃんと勉強しなくてはと思っているんですけど。
あんまできてないんですよね汗。

まぁ、そのことは置いといて
今日は日本とイタリア、ギリシャの違うところの続きを書きたいと思います。
今日はトイレネタで^^
汚くてすいません。

・イタリアのトイレは便座がないものが多い。

  まず、写真を見てください。

a0044651_7162668.jpg

  こんな感じです。ホント便座がないんです。
  最初このトイレに入った時はビックリしましたよ~
  座ってできないじゃん!みたいな。

  その時、私の活火山は噴火寸前で大変でした。
  便座がないとか言ってられないと思って
  用をたしました。

  どうやってかって?
  空気イスですよ。
  もう、足とかめっちゃプルプルしながら。
  ケツ筋とかツリそうでしたからね笑。
  しかもこういう時に限ってよくお出になるんですよね~
  時間かかるったらありゃしない。

  その時は時間もなくて焦ってたんで必死でしたけど
  今考えると自分の姿がものすごく滑稽だということに気づきました笑。


  イタリアの便座はなんであまりないかっていうと
  便座があるトイレだと、便座が壊れちゃうことがあるかららしいです。
  だからはずしたんだって。

  うーん、納得いったような、いってないような。。
  あんまり便座が壊れたトイレって見たことないけどなぁ?
  みなさんはどうですか?
  
  あとトイレネタでいろいろ調べてたらわかったんですけど
  18世紀のフランスではトイレがなかったそうです。
  だから用を足したら、そのブツを窓から外の道に向かって
  「バシャ!」っと捨てていたそうです。

  だから、みんなそうしてるわけだから
  当然町は臭くなりますよね。
  普通に町を歩いてたら、黄色のシャワーなどが
  降ってくるんだからたまったものじゃないでしょう。

  それで、汚物をよけるためにマントが誕生し
  足元が汚れないようにハイヒールが発達したんだそうです。

  へぇー!!

人気blogランキングへ投票お願いします。ここをクリックすると一票となります。
[PR]
by motoriclue21 | 2006-03-02 07:49 | 旅行とその写真